OpenRice JP エディターおすすめ3選:京都 スーパーお湯めぐり
2019-09-20


(出典: 公式サイト)

夏場は蒸し暑く、冬はとにかく冷え込む京都。しかし、いざ観光に行こうとするとそんな厳しい季節を選びがちです。そんなときは観光の合間に銭湯でくつろぐのが良いでしょう。特にレストランやリラクゼーション施設等の併設された、いわゆる「スーパー銭湯」では本格的な料理が楽しめることも多く、まさにスーパーオススメであると言うほかありません。 



さがの温泉 天山の湯

天山の湯の温泉は、海水に近い泉質を持ち、お肌への効果も期待されるナトリウム・カルシウム塩化物泉が特徴です。露天風呂やサウナはもちろん、足湯やフィッシュセラピー、週末には血行改善効果のある炭酸泉(炭酸風呂)も開催されています。


Restaurant 天山の湯 だいにんぐ

ゆっくり温泉を堪能した後も、館内にはリラックスできる場所がたくさん用意されています。レストラン「天山の湯 だいにんぐ」では、和洋料理に加えて新鮮で伝統的な京都料理も提供しています。館内の生け簀で泳ぐ魚をその場で調理する魚介料理には圧巻。お寿司まで楽しむことができます。アルコール類も充実しており、ランチから宴会まで、幅広い用途で利用することができるレストランです。


入浴料は大人ひとり1050円。お風呂は午前10時から午前1時まで、レストランは午前11時から午前1時までご利用いただけます。







この投稿をInstagramで見る

♡まい♡さん(@m.y.gd)がシェアした投稿 -




仁左衛門の湯

仁左衛門には岩風呂「空蝉」と檜風呂「藤壺」の2つの大きな露天風呂があり、それぞれ男湯・女湯として毎日交互に入れ替わるのが特徴です。ここでは温・冷2種類の源泉をかけ流しで使用しており、非常に贅沢な交互浴で身体を整えることができます。サウナや岩盤浴、ジェットバスなど屋内のお風呂も充実。館内には薬局やカットサロンまで用意されています。


Restaurant 仁座食堂

館内レストラン「仁座食堂」では、定食から麺類、カレーに至るまで、幅広い料理を平均1000円以下のリーズナブルな価格で提供しており、お風呂上がりのお食事はもちろん、甘味処やプチ居酒屋としても利用することができます。


入浴料は平日700円/土日祝日850円。岩盤浴は別料金で800円/900円です。お風呂の営業時間は10時〜深夜2時(土日祝は8時〜)、仁座食堂は11時~、23時ラストオーダーです。








この投稿をInstagramで見る

ERi.mさん(@eripyons2)がシェアした投稿 -




伏見 力の湯


レストラン・マッサージ・あかすりといった定番に加え、カットサロンやフィットネスクラブ、さらにはフットサルコートまで併設され、スーパーさがとどまるところを知らない京都伏見のスーパー銭湯「力の湯」。施設だけでなくお風呂の種類も豊富で、露天風呂はもちろん、ミクロの泡が肌を包む女性限定のシルク風呂やジェット水流に揉まれ癒されるストロングバス、バラエティ豊かな日替わり湯まで用意されています。


Restaurant じねんと食堂

併設レストラン「じねんと食堂」では、新鮮な野菜たっぷりのサラダや惣菜をはじめ、うどんやデザートに至るまで、和洋を問わず70種類以上ものメニューをビュッフェ形式で楽しむことができます。グルテンフリーなメニューを選べるのも女性にはありがたいところ。


入浴料は平日650円、週末750円で、お風呂は午前10時から深夜1時まで営業しています。じねんと食堂はランチタイム(11:00~15:00)限定、週末のみディナー営業(17:00~22:00)も行っています。 ビュッフェ価格は平日1390円、週末1590円。ドリンクバーは別料金(250円)です。







この投稿をInstagramで見る

じねんと食堂さん(@jinentoshokudo)がシェアした投稿 -



キーワード
京都
温泉
お湯めぐり
うどん
すし、
OpenRice JP Editor
Provide the latest food trends and news in Japan.
店舗情報