ランドマーク:京都 先斗町
2019-10-11

京都で食事をしようとすると、あまりにも膨大な選択肢に悩まされます。商店街には屋台や露店がひしめき、角を曲がるたびに宇治抹茶を使用した美味しそうなスイーツカフェが現れ、夕方を過ぎれば提灯の暖かな光の誘惑。京都でのディナーは、ランチタイムとは全く異なる食事体験です。鴨川沿いを走る先斗町の路地は、絵画のように美しい芸術的な通りであるだけでなく、古今東西の入り混じったグルメスポットとしても知られています。今回はそんな先斗町から、オススメのレストランを紹介しましょう。


Restaurant 川沿いのイタリアン - CUCINA ITALIANA & BAR SFIDA


CUCINA ITALIANA & BAR SFIDA (クッチーナ イタリアーナ アンド バー スフィーダ)は、鴨川を見渡し、川沿いを吹き抜ける風を感じながら食事を楽しめる素敵なイタリアン。夏場は「鴨川納涼床」と呼ばれる期間限定のテラス席も設けています。前菜、スープ、魚と肉(コースによって選択、あるいは両方)、季節のシャーベットなど伝統的なイタリアンメニューですが、素材の味と自然な風味にこだわり、より現代的なイタリアンとなっています。料理の盛り付けにも工夫を凝らしており、SNS映えすること間違いなし。


ランチは12時~13時半LO(3500円~)、ディナーは18時~20時半LO(7500円~)。火曜定休。







この投稿をInstagramで見る

CUCINA ITALIANA & BAR SFIDAさん(@sfida_kyoto)がシェアした投稿 -


Restaurant こだわりの焼鳥と産直野菜 - 炭楽屋とりうめ


炭楽屋とりうめは、ジャズの流れるオシャレな焼鳥居酒屋。鶏はもちろん、野菜やお米にも強くこだわっており、自家農場で採れた旬の野菜を楽しむことができます。炭火焼鳥と日本酒で過ごすゆったりとした時間は、観光での疲れを忘れさせてくれることでしょう。〆には自家製米で作った鶏雑炊や、揚げおにぎりの鶏スープがけを。牛や豚など、鶏以外の串に加え、だし巻き卵やから揚げなどのサイドメニューも充実。デザートに八つ橋アイスも食べられます。


ディナーコースは3000円から。営業時間は17時半から0時までです。







この投稿をInstagramで見る

#坂本明弘さん(@___akistagram___)がシェアした投稿 -



Restaurant 歴史感じる京料理 - 富美家


せっかく京都に来たなら、やっぱり懐石は体験しておきたいところ。約70年もの歴史を持つ「富美家」で、伝統の京料理を味わってみませんか?季節によって変化する食材と、素材そのままの味を活かした料理は、確かな技術と積み重ねた歴史を感じさせてくれます。鴨川を眺めながら、湯豆腐やしゃぶしゃぶなどの様々な伝統の味を堪能しましょう。納涼床参加店舗のため、夏場は鴨川をさらに間近に感じながら食事を楽しむことができます。


ディナーは概ね5500円から。納涼床期間中は特に混雑するため、ご予約を忘れずに。







この投稿をInstagramで見る

@tetsuhir0416がシェアした投稿 -


Restaurant 隠れ家カフェでシングルオリジンコーヒーとの出会い - ELEPHANT FACTORY COFFEE


先斗町でオシャレなカフェタイムを過ごしてみたいあなたは是非ともELEPHANT FACTORY COFFEE(エレファント ファクトリー コーヒー)へ。隠れ家的で素朴な雰囲気の中で、自家焙煎のシングルオリジンコーヒーを楽しむことができます。ブレンドもありますが、シングルオリジン(単一品種)で、自分好みの味を発見するのも楽しいかもしれません。穏やかな空気の中で自家製ケーキとともに味わうコーヒーは、最高級のくつろぎをあなたに授けてくれることでしょう。店名の由来は村上春樹の小説タイトルからのようですが、"象"のイメージとは正反対に店内は狭く、席が確保できない場合があります。テイクアウトが可能なので、そんなときは鴨川沿いに腰かけてコーヒーでリラックスするのもオススメです。


営業時間は13時から深夜1時まで。木曜定休。






この投稿をInstagramで見る

李米さん(@leemider)がシェアした投稿 -

キーワード
京都
先斗町
イタリアン
カフェ
焼鳥
伝統料理
鴨川
懐石
コーヒー
居酒屋
OpenRice JP Editor
Provide the latest food trends and news in Japan.
店舗情報
さらに表示
元に戻す